今は単純に「何かしたい」じゃなくて、この町が好きだからこの町に住む

埼玉県出身 / 中島 綾子さん

中島さんのインタビュー画像1

移住を決めたきっかけ

震災がきっかけで、私が会社を辞めて何か東北に支援がしたいと決心した時にはもう震災から間もなく3年が経とうとしていた時でした。
震災のことや被災地のことについて調べていく中で、単発のボランティアよりももっと長期的に地域に密着して何かを出来たらいいなと思ってまず住むことを考えたんですけど、やっぱり住む場所が見つからなくて。
その時に復興応援バイトを知って、まず居住地が確保されているというところが安心でした。
私には何か特別な能力があるとか特技があるわけではなかったので、行って自分が何ができるのかを考えた時にすごく不安だったんですけど、働くことでそれが何か応援になるというスタイルが私にはとてもしっくりきたので、南三陸町に来る決断をしました。

実際に住んでみて

来てみていろんなことを体験したり、いろんな人と出会ったり、町の人たちと触れ合っていく中で、何かしたいと思ってきたけど、やさしい気持ちだったり、暖かさやたくましさを教えていただく事の方が多いです。
大自然のあるこの町の魅力。津波でいろんなものが無くなってしまったけど、自然は残っているし、人の温かさはあるし、そういう事に1年かけて触れていく中で「この町に住みたい」って強く思いました。。
今は単純に「何かしたい」じゃなくて、この町が好きだからこの町に住む。それで自分がここで生活をして、少しでも町に貢献できればいいなと考えながら、おもいっきり南三陸を満喫しています。
また、東京で働いていた時に比べると年収は大幅に減りました(笑) それでも今の生活がいいです。お金では買えないものがここにはたくさんあるので。

中島さんのインタビュー画像2枚目

よかったらシェアしてね!